太陽光発電で賢くリフォーム

    
     

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

リフォームで太陽光発電を始める

東日本大震災以降、国民のエネルギーに対する意識が非常に高くなったこともあり、太陽光発電の需要が伸びています。そしてその太陽光発電の設備をリフォームのタイミングで設置しようと検討する人も非常に多くおり、太陽光発電に対する意識は大変高いものがあります。太陽光発電というのは家の屋根に専用のソーラーパネルを設置することで、家で使う電力をまかなうことが出来、また余った余剰電力を電力会社に買取って貰うことが出来る画期的な方法で、特に電力需要の高くなる夏場は電力会社から請求される電気代が、大幅に軽減できる可能性があるため、新築リフォームを検討している世帯の多くが、この方法を導入しようとしています。また太陽光発電設置にかかる費用の一部を行政が負担してくれる自治体もあり大変安価に太陽光発電を始める事が出来るのです。それまで太陽光発電というのは、一部の意識の高い人たちの特権のように思われてきましたが、東日本大震災以降、エネルギーに対する意識が大きく変化し、リフォームをしなくてもそれなりに費用を支払い太陽光パネル設置する人が増え、そして現在は新築物件やリフォーム物件に対し、自家発電を検討してもらうようにリフォーム業者が働きかけている状態です。ただ太陽光発電をすることで自家発電をすると環境意識の高い人には見えますが、ただ外見上どうしても屋根の上にビッシリと太陽光パネルが並べられている関係で、見た目の悪さが気になりますがそれさえクリアできれば今後益々太陽光発電世帯が増加していく可能性は秘めています。

戸建て向け太陽光発電のメリット

リフォームの際にリフォーム業者から太陽光発電のメリットを散々聞かされたので、いまさら太陽光発電のメリットなんていらないという人もいるかもしれませんが、太陽光発電の大きな特徴として、発電した電力を自宅で消費する事で電力会社から供給される電力を削減できるというメリットと、また余剰電力があればそれをそのまま電力会社へ売ることの出来る売電制度があるため、毎月の消費電力を極限までセーブすることができ、また毎月の電気代も大幅にカットすることが出来ます。設置費用ですが安いものだと太陽光パネル1枚8千円くらいから、高いものでも1万5千円程度で購入可能で、一般的な家屋だと屋根に20枚から25枚程度敷き詰めますので、設置費用としては総額30万円程度で設置することが可能です。ただ太陽光発電は太陽が出ている時はふんだんに太陽光をパネルが浴びますので、十分に電力を供給する事ができますが夜や曇りや雨の時は発電する事ができません。その為、曇りや雨の多い日本海側よりも、比較的晴れの日が多い太平洋側の方が太陽光発電に適しているといえます。特に夏場のエアコンを消費する季節になると、電力需要は格段に高まりますし、その昼間の電力需要だけでも太陽光発電で賄うことができれば、毎月の電気代も大幅にセーブすることが出来ます。そしてリフォームによる太陽光発電システムを導入する際は、リフォーム業者の割引制度や行政や地域の補助を受けることが出来るところもありますので、初期投資も抑えることができます。

日照時間の長い地域が良い理由

太陽光発電のデメリットになってしまうのですが、太陽光発電は現状蓄電機能がありません。つまり電力を貯めることができないのです。従って太陽がさんさんと降り注いでいる昼間の時間は太陽光で家電の電力を賄い、夜は電力会社の電力で家電の電力をまかなうという電力のハイブリッドをやらざるを得ません。また毎日毎日太陽が出ている訳ではありませんので、曇りや雨の日は発電が出来ずどうしても電力会社の発電に頼ってしまいます。つまり太陽光発電で得するか損するかは日照時間次第で決まって来るのです。日照時間の長い地域に住んでいる人は、太陽光発電の恩恵を最大限に受けることができますが、日照時間の短い地域に住んでいる人は太陽光発電の恩恵を最大限に受けることができません。特に梅雨明けしてから秋に入るまでの期間、これでもかと真夏の日差しが照り付ける地域がありますが、こういった地域では日照時間がとても長くなる為太陽光発電もフルパワーで発電する事が出来ます。つまりリフォームで太陽光発電システムを導入しようとするのであれば、年間を通して日照時間の長い地域、主に千葉県から静岡県、そして愛知県から和歌山県、そして山陽地方にかけて太陽光発電の恩恵にあやかることが出来ます。またこれらの地域のリフォーム業者は既にリフォーム施行と抱き合わせで、太陽光発電システムを推進している業者も多くあり、ソーラーパネル設置費用も手軽な金額で設置する事が出来る場合があります。年間を通して日照時間の長い地域にお住いの人ほど大きな恩恵を受けることが出来るのです。

太陽光発電機の設置費用の目安

太陽光発電機の内訳というのは、ソーラーパネルの代金とパワーコンディショナー、そして電力モニターが必要となり、リフォームの如何に関わらず負担するコストは一般家庭で30万円から40万円と言われていますが、これはあくまで平均的な戸建て住宅の場合であり、住宅の敷地や家の面積が大きくなれば当然、太陽光パネルの費用も増えてきますし、また細心の電力モニターや、まだ普及には至っていませんが最近は蓄電池も出来たことで、こういった最新設備を導入すると、費用はさらに余分に発生します。もしこれから太陽光発電の導入を真剣に検討しているのであれば、まずリフォーム業者の査定時に、太陽光発電を導入したい旨を伝え、太陽光発電も含めたリフォーム費用に見積もりをしてもらう必要があります。そして太陽光発電によって発生する電力負担軽減分と初期投資を回収するまでにかかる期間も概算で弾き出してもらい、おおよそ何年で回収できるのかを見積もってもらいましょう。ただここで注意しておきたい事として、太陽光パネルというのは長い間、強烈な紫外線と雨風にさらされることで極めて劣化が早い装置です。そしてそれはもしかしたら、リフォームした後の家よりも劣化が早く進むかもしれないのです。その為多くのソーラーメーカーが、ソーラーパネル設置後に一定期間の保守期間を設けています。できれば保守期間が長いソーラーパネルメーカーを選んだ方が、初期費用は高くなりますが結果的には後々お得だったりします。

リフォーム時に割引対象になる

リフォームの時に太陽光発電も同時に申し込むとリフォーム費用または、太陽光モジュール設置費用を割引してもらえる場合があります。特に最近では二世帯住宅の普及に伴い、二世帯まるごと太陽光発電を導入する家庭も増えてきており、太陽光パネルメーカーとしてもリフォームを商機ととらえているところが多い為、とても力を入れている業者多くあります。実際にリフォームをする際に太陽光発電を導入した場合、どれだけ設置費用を抑えることが出来るのか調べてみると、あるリフォーム業者ではリフォーム費用の減額はありませんでしたが、特定のきゆう機関で組んだリフォームローンが最大で0.5%割安となり、また行政の補助が設置費用から最大15%負担してくれることがわかりました。また別のリフォーム業者の場合、リフォーム施行時の施工費用を最大8%割引してくれ、また太陽光パネルの保守管理も最大で10年間と大変手厚い待遇であるなど、昨今のリフォームや新築物件に対する太陽光発電の推しの強さは目を見張るものがあります。またリフォームをする際に、専属のファイナンシャルプランナーがどれだけ電気代が安くなるのかをシミュレーションして、具体的に何年で初期費用を回収できるのか、また電力会社に買取って貰った場合、どれだけ家計にプラスになるのか、また業者のメンテナンスがなかった場合とあった場合の設置後にかかるコスト比較など、かなりマクロにコスト比較をしてくれるリフォーム業者もあるくらい、太陽光パネルの設置はリフォーム業者にとって最も力を入れる分野となっているのです。

PAGE TOP