リフォームとリノベーション違い

    
     

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

住宅リフォームの定義って?

ここからはリフォームと最近話題のリノベーションの違いについてお話していきたいと思いますが、まず皆さんご存知のリフォームの定義から説明したいと思います。リフォームとは物件を建てた時と同じ状態に復帰させることを指します。つまりリフォームによって修繕される箇所は元々の設計図にある状態を目標にリフォーム工事を行っていきますので、部屋の位置やトイレの位置、また台所の位置などは基本的には変わりません。これまでご説明してきたことの中に、設計図をもう一度書き直すような作業、つまりお部屋のレイアウトを根本から変える工程がリフォームの中にはありますといった解説もありましたが、こちらは厳密に言うと全くもって別な家に改築するリノベーションに該当する場合がありますが、基本的には家や部屋の物の配置は変化せず、新築時の状態に復帰させる工事の事をリフォームと概念的には定義します。従ってマンションの外壁のペンキ塗り直しも、新築時の時のカラーで塗り直しを行いますし、またオートロックの鍵もカードキー式であればカードキーのままです。ただこのリフォームとリノベーションは言葉の定義が実際はかなり曖昧であり、台所の場所は変えないがシステムキッチンから今流行のアイランドキッチンにした場合、これは一見リノベーションに見えますが、リフォームにあたるなど言葉としての定義はとても適当に感じます。この台所の場所は変えずに台所の性能を上げる事になりますので、この場合はリフォームではなくコンバーションと言ったりすることがあります。

リノベーションの定義って?

ではリフォームについてご理解いただいたところで、今度はリノベーションの定義についてです。リフォームが物件の新築時復帰なのであれば、リノベーションはこれまでのお部屋のレイアウトや部屋の配置を根本から覆し、また再度1から工事し直すことを指します。従ってリノベーションの場合は家そのものを相当範囲で取り壊しを行いますので、リフォームに比べて大工事になります。またリノベーションの最大の目的はこれまでの家の大部分を取り壊し再構築する事で、現状復帰した時よりもより一層魅力的な物件にすることで、より高い資産価値を追求する事にあります。つまりわかりやすく言うところでは、テレビ番組で放送されている家の改築ドキュメンタリー番組で取り上げられるモデル物件の多くが、家の大部分をいったん取り壊していますので、リフォームではなくリノベーションに該当してきます。改築後の家は建てた時の状態よりもまるで見違えるくらい別な家に変貌を遂げ、非常に魅力的な物件に仕上がっているのがお分かりかと思います。また時代や時の流と共に、居住性も変化していきます。5人家族で快適だった家もやがて子供が独立していけば最終的には夫婦2人となりますので、夫婦2人が快適に生活を送ることの出来る家、または2世帯同居が出来て将来両親の介護も出来るような物件にしたいという事であれば、リフォームよりも1から建物を建て直すリノベーションをした方が良いでしょう。

リフォームより資産価値が上がる

当然と言ったら当然なのかもしれませんが、リノベーションをした場合、その物件の資産価値はリフォームをするよりも高くなる傾向にあります。なぜなら、リフォームと違い根底から家を建て直しにかかりますので、その時々の家のスタイルや流行をふんだんに取り入れた家を作れば、人気が高まりますのでリフォームするよりもリノベーションをしたほうが市場価値や資産としての価値は高まります。ただリフォームの場合は元の家の状態へ復帰させることを目的としますので、リフォーム費用の予算はなんとなく勘定できますが、リノベーションは根本的に家の建て替えに等しい為、どのような家にするかによって予算は大きく変動します。極端な話、それまで平屋だった家をリノベーションのよって2階建てにする場合は、2階部分の増築費用が発生します。従って平屋にするか2階建てにするかによってかかる費用は大きく変動するのです。但し大胆なリノベーションによって投資額も高額にはなりますが、返って来る付加価値も物件に比例して大きいものとなります。つまり将来売却を検討している人は売却を視野に入れながら、住宅のトレンドを存分に生かした家にする事で、将来的な資産価値減少幅が狭まります。今住んでいる人が満足する家を作るのか、または将来売却して見知らぬ誰かが住んだ時に快適に過ごせることにも配慮した家を作るのかで、将来的な物件の価値は大きく変動します。

リノベーションの費用負担

リノベーションとリフォーム費用を比べると、複雑さが目立つのはリノベーションのほうなのではないでしょうか。リフォームは今住んでいる家に手を加える場合が殆どです。一方リノベーションは多くの場合、まず家を買わなくてはなりません。そして家を買ってから自分の好きなデザインに変えていくのです。つまりリノベーションがリフォームと決定的に異なる点として、家を買わなくてはならない点ということです。この時点で家の購入費用が発生しますので、リフォームと費用面で大きな差が生まれます。また中古住宅を買ってから改築することが購入者にとって費用負担が大きいため、そのリスクを回避する為に最近のハウジングメーカーはリノベーション前提で中古物件の購入を考えている人に対して中古物件の購入費用を割引にしてくれるサービスや、中古物件の購入費の割引こそないものの、改築後の修繕期間を通常であれば5年のところ、10年間無料で修繕してくれるといった手厚いサービスを行ってくれるハウジングメーカーがあります。住み始めた時は快適に住める家も、長年風雪に耐え忍べばやがて朽ちていきます。そうならない為にも定期的なメンテナンスが必要です。その為の費用は修繕費として毎月積み立てていくのが一般的ですが、ハウジングメーカーのメンテナンス費用がリノベーション費用に含まれているのであれば、修繕費の負担額は軽減されます。リノベーションの費用負担はリフォームと比較して結構な額になりますが、工夫とハウジングメーカー次第で費用を圧縮する事は可能なのです。

リフォームより原型が相当変わる

リノベーションの効果はリフォームをするよりもはるかに効果は高いと言わざるを得ません。費用も高いですが効果も高いのがリノベーションの効果なのです。テレビ番組のリフォームドキュメンタリーでは、玄関空けたらいきなり風呂場があるとか、台所のすぐ横にお風呂があったり、急こう配で手すりのない階段など、快適な住環境とはとても言い難い家がモニターとして取り上げられています。こういった家がそれなりに費用を投じ最先端の建築家の手により驚きの仕上がりに変貌します。その為にはこれまでの家をほぼ骨組だけの状態にして、そこから再度家を作り直していく訳ですから、仕上がりは元の家の原型はほとんどありません。また場合によっては原型をとどめないまでリフォームされてしまう可能性もあるのです。トイレは自動洗浄器付きトイレになり、お風呂も追い炊き機能付きのジェットバスになり、台所も今流行のアイランドキッチンになるなど、それはまるで別の人の家に来たような気分になるほどです。このように大金を出して大規模改築する事で、快適性は格段と高まります。またオール電化住宅にすることで後の光熱費が大幅に軽減する事もできますし、防災面から見ても火を使わないことで子供のいる家庭では安心できます。ガス代が全額浮きその分が電気代に反映されますが、反映された電気代はそれまで支払っていたガス代に比べれば相当額圧縮されていますし、オール電化住宅は経済的です。リノベーションを行うことで住宅事情の今を追求した最先端住宅へ変貌を遂げます。リフォームをしたいのか、それともリノベーションをするべきなのか用途に応じてよく検討する必要があります。

PAGE TOP